大和 今市城



お城のデータ
所在地 奈良県奈良市今市町
遺 構 堀・土塁跡
形 式 平城 築城者: 越智家栄 築城年代: 文明10年


見 ど こ ろ

 今市城は、帯解台地の西端、昔ながらの細い街道(現在は県道)を挟んで民家が並ぶ今市町の中心部が城域だ。 町内の南側にある「ガマ池」と呼ばれる溜め池も堀の一部であったとか。

 資料に拠れば、集落北側に残っているという外堀は、現在では埋められ遊歩道となっていたが、一部に堀の名残の土塁が残っている。


歴     史

 今市城は、文明10年に越智家栄によって築かれた。 今市には今市氏の居館があったが、越智氏は南都進出の拠点として新城を築いて、代官として堤氏を城主とした。

 永正元年、筒井氏は古市氏の居城古市城を攻め落とし、続いて今市城も攻められ、城主堤氏率いる城兵数百が討ち死にして落城した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR桜井線帯解駅〜徒歩約10分
 車 : 西名阪道天理IC〜国道169号線〜県道51号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
外堀は埋められ遊歩道に・・・。

奈良県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県