山城 長岡陣屋



お城のデータ
所在地 京都府長岡京市東神足2丁目
遺 構 なし。
形 式 陣屋 築城者: 永井直清 築城年代: 寛永10年


見 ど こ ろ

 長岡陣屋は、現在のJR長岡京駅一帯に築かれていた。 細川藤孝の居城勝龍寺城に対して、永井氏の勝龍寺城とも呼ばれているが、長岡京駅や駅周辺をみても陣屋の遺構どころか、ここに陣屋があったことすら忘れ去られたようだ。

 陣屋は、南北約600m 東西約400m、内郭と外郭の二つの曲輪からなり、それぞれ堀が囲繞していた縄張りで、発掘調査により陣屋南端部で幅5m・深さ2mの堀が確認されるなど陣屋の全貌が確認されている貴重な遺跡であるとか。


歴     史

 長岡陣屋は、寛永10年に永井直清によって築かれた。 書院番を務めていた旗本永井直清が加増され山城長岡12,000石を領して大名に列し陣屋を構えた。 直清は、慶安2年にも加増され摂津高槻へと移封となり、長岡陣屋は廃城となった。

お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道本線長岡京駅〜徒歩すぐ。
 車 : 京都縦貫道長岡京IC〜府道67号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
永井氏の勝龍寺城とも呼ばれている陣屋。

京都府のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県