伯耆 山名氏館



お城のデータ
所在地 鳥取県倉吉市東町
遺 構 なし。
形 式 居館 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 山名氏館は、打吹山城の北麓にある大岳院の境内となっている地にあった。 40間四方の居館形式の縄張りで、かつては周囲を土塁と堀が囲繞していたと推定されるが、現在は遺構など何も残っていない。 大岳院の境内には、慶長19年に倉吉藩主となった里見忠義の墓地があった。


歴     史

 山名氏館は、築城年代や築城者については定かでないが、伯耆守護であった山名氏の一族山名氏豊が居城していた。 氏豊は、一時毛利氏に仕えたが永禄9年に伯耆に戻り、南条氏に従って倉吉に居住した。

 天正8年に吉川元春が南条元続の居城羽衣石城攻撃を決意し、長瀬川を挟んで両軍が対峙した合戦に氏豊も南条方として出陣したが、南条方の敗北となり鹿野へ逃れる途中で討死した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陰本線倉吉駅〜バス/市役所・打吹公園入口
 車 : 山陰道琴浦東IC〜国道9号線〜国道313号線
駐車場: 大岳院の参拝者用無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
伯耆守護山名氏の一族氏豊が居住した居館。

鳥取県のお城
一覧表へ
トップページへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県