羽前 山形城



お城のデータ
所在地 山形県山形市霞城町
遺 構 曲輪、復元門、復元櫓、石垣、土塁、堀
形 式 平城 築城者: 斯波兼頼 築城年代: 延文2年


見 ど こ ろ

 山形城は、最上57万石の居城として築かれているだけあって、壮大な規模を誇る城だ。 本丸・二の丸・三の丸と輪郭式に配置された縄張りで、現在は二の丸内が霞城公園となっている。

 公園内は、訪れた時本丸堀・一文字門復元工事の最中で、石垣や土塁が一部復元終了していた。 二の丸東大手門と多聞櫓が既に復元されていて、出羽太守の城の威容を醸し出してた。

 二の丸の東大手門以外の虎口、南門・西門・北門も内枡形の櫓門であったことが資料で伝えられ、その石垣が今でも良く残されている。

 山形駅の東側、十日町1丁目『山交ビル角』のバス停前に山形城三の丸土塁が残っている。 高さ約5m程あろうか、分厚く高い土塁で、市街地の中に残る土塁として全国でも一級品の遺構だろう。


歴     史

 山形城は、延文2年に斯波兼頼によって築かれた。 兼頼は、奥州探題斯波家兼の次男で、出羽国から北朝方勢力を一掃を使命としての入封であった。 その後、最上氏を称して室町時代を通じて勢力を拡大した。

 最上氏10代義光は、天正年間に対立する一族・国人を平定して最上一円24万石を領した。 この時代に山形城は近世城郭へと大修築された。 関ヶ原の後57万石の大大名となったが、元和8年にお家騒動により最上義俊は改易となった。

 最上氏改易の後に、磐城平より鳥居元忠が24万石を領して入封、二の丸の堀などの修築している。

 山形へは、鳥居・保科・松平(越前)・松平(奥平)・奥平・松平(越前)・堀田・松平(奥平)・堀田・松平(大給)・秋元と度々城主が代わり、弘化2年に秋元志朝が上野館林へ移り、遠江浜松より水野忠精が5万石で入封して明治を迎えた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR奥羽本線・山形新幹線山形駅〜徒歩約10分
 車 : 山形道山形蔵王IC〜国道266号線〜県道16号線
駐車場: 霞城公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
最上義光57万石の居城。

山形県のお城
一覧表へ
トップページへ 山形市のHPへ

北海道・東北のお城
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県