近江 山上陣屋



お城のデータ
所在地 滋賀県東近江市山上町
遺 構 なし。
形 式 陣屋 築城者: 稲垣定淳 築城年代: 寛政6年


見 ど こ ろ

 山上陣屋は、和南川と愛知川の合流点に架かる紅葉橋南詰北側にある駐車場脇に「元天神社鎮座地」の石碑と陣屋案内板があった。

 陣屋は、この駐車場から道路を隔てて建っている湖東信用金庫永源寺支店から南側一帯に築かれていた。 現在、案内板以外、陣屋の遺構など何も残っていない。


歴     史

 山上陣屋は、寛政6年に稲垣定淳によって築かれた。 山上稲垣氏は、伊勢鳥羽稲垣氏の分家で、稲垣重定の父重太が6千石を分知され旗本に列し、重定が延宝2年に若年寄に昇進し加増され、13,000石を領して大名となり、元禄11年に所領を常陸から近江国内へと移された。

 稲垣氏は、定府大名であったっが、5代定淳が寛政6年に陣屋構築を願い出て、山上に陣屋を構えた。 8代太清は、大坂定番から海軍奉行に任じられ、明治を迎えた。


お城へのアクセス
鉄 道: 近江鉄道本線八日市駅〜バス/山上
 車 : 名神八日市IC〜国道421号線
駐車場: 紅葉橋南詰の公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
紅葉の名所、永源寺一帯を領した稲垣氏の近世陣屋。

滋賀県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県