丹波 山家陣屋



お城のデータ
所在地 京都府綾部市広瀬町
遺 構 模擬門、曲輪、堀切
形 式 陣屋(平山城) 築城者: 谷衛友 築城年代: 天正10年


見 ど こ ろ

 往時は侍屋敷が建ち並んでいたであろう小道の突き当たりに陣屋跡(城址公園)がある。 城門(模擬)には谷家の定紋が掲げられていた。

 陣屋は、西に上林川を見下ろす台地の上に築かれ、西・北側は落差の大きい傾斜地となっている。 現在の城址公園一帯に陣屋の御殿等が建てられていたのだ。

 陣屋背後の甲ヶ峰には、駐車場から伊也神社を経て登城道が続いている。 山頂には中世山家城の曲輪・堀切などが残っている。 


歴     史

 近世山家城は、天正10年に谷衛友が封じられたことに始まる。 慶長5年の関ヶ原の折りには、西軍に与して丹後田辺城を攻めたが、戦後細川父子の取りなしで本領を安堵された。

 谷衛友は、山頂の山家城を廃し山麓に陣屋を構えて、以後外様1万石の小大名として、13代続いて明治に至った。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陰本線山家駅〜徒歩約20分
 車 : 舞鶴道綾部IC〜府道/綾部〜国道27号線
駐車場: 城址公園前に無料駐車場あり。(10台程度)


ひとくち MEMO
由良川を天然の堀にした要害の地にある陣屋。
  • 山家陣屋への道しるべ
    JR山家駅前から国道27号線を東に進むと、上林川が由良川に合流する。 上林川を渡ってすぐ左手の集落へと左折すると山家城址公園の標識がある。 ちょうどこの辺りに陣屋大手門があったという。

京都府のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県