大和 柳生陣屋



お城のデータ
所在地 奈良県奈良市柳生町
遺 構 曲輪
形 式 陣屋 築城者: 柳生宗矩 築城年代: 寛永19年


見 ど こ ろ

 最近まで柳生小学校の敷地として使われていたが、近年、陣屋跡は史跡公園(柳生城の石碑あり)として整備されている。

 陣屋は、小高い丘の上一帯に築かれ、陣屋北側にある八坂神社との間が旧柳生街道が通り、坂道になっている。 この坂道が有名な「正木坂」だ。

 陣屋跡には建物の遺構は残っていないが、武家屋敷の遺構として、江戸末期の柳生藩国家老小山田主鈴の屋敷と小山田分家(非公開)のがある。 また、小さな川を挟んで対岸の山には、柳生新陰流正木坂道場や柳生義仙(烈堂)が、住職を務めた柳生氏の菩提寺である芳徳禅寺がある。


歴     史
(家老屋敷)

 柳生陣屋は、寛永19年に柳生宗矩が築き、2代十兵衛三厳が増改築して完成した。 三厳以後、柳生氏が12,500石を領し明治に至った。

 柳生新蔭流で名高い柳生氏を世に出したのが上泉秀綱の高弟、柳生石舟斎宗厳である。 宗厳の八男宗矩が、寛永13年に徳川将軍家剣術指南役として仕官し、「将軍家の剣」として認められた。

 柳生氏は、大和添上郡の豪族で南北朝期には、柳生永珍が活躍している。


お城へのアクセス
鉄 道: JR関西本線奈良駅、近鉄奈良線近鉄奈良駅〜バス/正木坂
 車 : 第二阪名道路宝来IC〜国道308号線/奈良市街〜国道369号線
駐車場: 奈良市営有料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
将軍家剣術指南役、柳生新陰流の発祥の地。

奈良県のお城
一覧表へ
トップページへ 奈良市のHPへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県