尾張 鷲津砦



お城のデータ
所在地 愛知県名古屋市緑区大高町鷲津
遺 構 曲輪、土塁、堀跡
形 式 丘城 築城者: 織田信長 築城年代: 永禄2年


見 ど こ ろ

 鷲津砦は、大高駅の東に隣接する鷲津砦公園となっている。 公園一帯は、小高い丘陵地帯で北端に鷲津砦、南端に丸根砦が築かれていて、大高川を挟んで目の前に大高城がある。

 公園入口から丘陵山頂部にある砦主郭部へと遊歩道がある。 途中、土塁跡・空堀跡が認められるが、当時のものかは定かではない。 主郭部には鷲津砦の石碑が鬱そうとした木々の中に建てられていた。


歴     史

 鷲津砦は、永禄2年に織田信長が今川義元の尾張侵攻に備えて、今川方の大高城に対峙し、丸根砦共々築いた。

 織田信長は、守将に織田信平・飯尾定宗・信宗父子を配した。 永禄3年、桶狭間の合戦の時には、今川勢の先鋒朝比奈泰能らによって攻められ落城した。

 鷲津・丸根の両砦が緒戦で落城したことで今川勢の油断に繋がり、桶狭間で今川義元が討たれた遠因となった。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海本道線大高駅〜徒歩5分
 車 : 名古屋高速3号大高線笠寺IC〜国道1号線/中汐田
〜県道59号線(名古屋第2環状線)/下汐田〜県道50号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
桶狭間の合戦の前哨戦で今川勢が攻め落とした砦。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県