下野 鷲 城



お城のデータ
所在地 栃木県小山市外城
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 平城 築城者: 小山氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 鷲城は、思川東岸の河岸段丘を利用して築かれた城だ。 小山市総合公園北端にある雑木林に囲まれた一帯だ。

 鷲城は、中城と外城と二つの曲輪が配置された縄張りとなっていて、現在中城が鷲神社境内と畑、外城が住宅地となっている。

 神社社殿から南側の雑木林の中に入ると、中城と外城の間には二筋の土塁と空堀が良く残っていた。 更に外城の西側にも土塁と空堀が残されている。


歴     史

 鷲城は、築城年代に定かでないが、藤原秀郷の子孫小山氏によって築かれた。 

 康暦2年、鷲城主小山氏10代義政は、宇都宮氏との領地境界争いが起こると、関東公方足利氏満の制止をを無視し、宇都宮基綱を裳原合戦にて討ち取ったため、足利氏満は、関東の諸将に義政追討を命じた。

 義政は、鷲城を中心に応戦したが降伏する。 翌永徳元年になると再度義政は叛旗を翻すが、再び降伏して小山城(祇園城)へと移った。

 永徳2年に櫃沢城にて三度反抗するが、関東公方方に攻められ自刃、嫡子若犬丸は奥州に逃れたが応永4年会津にて自害する。 この義政の乱により小山宗家は滅亡。 その名跡は結城泰朝が継ぎ、小山氏の本城も鷲城から小山城へと移った。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東北本線小山駅〜バス/小山車庫〜徒歩約10分
 車 : 東北道佐野藤岡IC〜国道50号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
中城と外城を区分する空堀と土塁が良く残っているお城。

栃木県のお城
一覧表へ
トップページへ 小山市のHPへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県