紀伊 和歌山城



お城のデータ
所在地 和歌山県和歌山市1番丁
遺 構 復元天守、櫓、門、曲輪、石垣、堀
形 式 平山城 築城者: 豊臣秀長 築城年代: 天正13年


見 ど こ ろ

 和歌山城の内郭への入り口には、岡口門と追廻門が現存し、また大手門が復元されている。 岡口門から入ると、中御門跡・松の丸櫓の高石垣が見事だ。 この高石垣は、浅野時代に築かれたものだ。

 虎伏山上の本丸には、 3層大天守と2層小天守、2基の隅櫓を多聞櫓で結んだ連立式天守群と付属する天守曲輪と、本丸御殿の曲輪の2つの独立した曲輪がある。 尚、本の丸御殿曲輪には現在入ることは出来ない。

 小天守脇の台所地下にある埋門から水の手門を通り不明門へと至るルートは、落城時の脱出ルートだ。 特に、天守曲輪の西側下辺りは、訪れる人も少ない、「とある山城の一角」のような感じがする。 和歌山城を訪れたら、是非歩いてください。(少々マニアックかなぁ〜)

 和歌山城主の居館御殿があった二の丸から紅葉渓庭園へと渡る廊下橋が復元された。 城主専用のルートであり、廊下橋を渡るとなにやらお殿様になったような気分だ。 


歴     史

 天正13年、紀伊を征圧した豊臣秀吉は、弟秀長に和歌山の地を与え、自ら縄張りを決め築城させた。 秀長は、大和郡山に居城したため、桑山重晴が城代となった

 慶長5年、和歌山城代桑山氏は大和新庄に移封され、替わって浅野幸長が、関ヶ原の戦功により、甲斐甲府から37万石で入城する。 浅野氏は、2代長晟が安芸広島に移るまでの間に、土塁を石垣に変えている。

 元和5年、徳川頼宣が駿河駿府より55万5千石で入封して、徳川御三家の紀州家が成立する。 頼宣は、城の大規模な拡張工事を行い、今に残る城を完成させた。

 紀州徳川家は、明治まで14代続く。 ちなみに8代将軍徳川吉宗は、5代和歌山城主である。


お城へのアクセス
鉄 道: JR阪和線和歌山駅、南海電鉄南海本線和歌山市駅〜バス
 車 : 阪和道和歌山IC〜国道24号線(バイパス)
駐車場: 大手門、岡口門周辺の有料駐車場利用


ひとくち MEMO
徳川御三家の紀州家の居城。

和歌山県お城
一覧表へ
トップページへ 和歌山市のHPへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県