羽前 高屋城



お城のデータ
所在地 山形県寒河江市高屋
遺 構 なし。
形 式 平城 築城者: 高屋元詮 築城年代: 室町時代


見 ど こ ろ

 高屋城は、最上川の河岸段丘を利用して築かれた城で、東西126m、南北82m、堀幅は21mの規模の古代条理制の地割りを利用した縄張りの城であった。 現在では、宅地化され城の遺構は何も残っていないが、熊野神社西側ある高屋公民館脇に石碑が建てられていた。


歴     史

 高屋城は、室町時代に高屋元詮によって築かれた。 元詮は、寒河江城主大江氏(寒河江氏)の一族で、以後9代に渡って居城して、大江一族の最上氏北進に備えた城であった。 天正12年、最上義光によって寒河江高基が滅ぼされた際、高屋氏も運命を共にして城も廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR左沢線南寒河江駅〜徒歩約15分
 車 : 山形道寒河江IC〜国道112号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
古代条理制の地割りを利用した縄張りのお城。

山形県のお城
一覧表へ
トップページへ

北海道・東北のお城
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県