羽前 宮内城



お城のデータ
所在地 山形県南陽市宮内字菖蒲沢
遺 構 曲輪、堀
形 式 平山城 築城者: 不明 築城年代: 戦国時代


見 ど こ ろ

 宮沢城は、宮内小学校・熊野大社のすぐ北側にある菖蒲沢地区西側の水田・畑と果樹園となっている一帯に築かれていた。  谷を隔てて東側には慶海山館のある双松公園がある。

 宮沢城の縄張りは、丘の最高所に本丸を起き、南側に一段低く二の丸、中段があり、中段の西側に更に一段低く南の曲輪が配置されて、周囲には現在水田と宅地となっているが堀が巡らされている。 縄張図を片手に歩き回ると、随所に曲輪の切岸遺構がよく残っていた。


歴     史

 宮沢城は、築城者は定かではないが戦国時代に築かれた。 慶長3年、尾崎重誉が城主となったが、間もなく福島へと移ったと云われている。


お城へのアクセス
鉄 道: 山形鉄道フラワー長井線宮内駅〜徒歩約20分
 車 : 米沢南陽道路南陽高畠IC〜国道13号線〜国道113号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
果樹園と水田の中に城の遺構が・・・。

山形県のお城
一覧表へ
トップページへ

北海道・東北のお城
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県