遠江 宇津山城



お城のデータ
所在地 静岡県湖西市入出字正太寺鼻
遺 構 曲輪、空堀、石垣、土塁
形 式 山城 築城者: 大永4年頃 築城年代: 今川氏親


見 ど こ ろ

 浜名湖に突きだした岬(正太寺鼻)の宇津山に築かれた城が、宇津山城だ。 往時、城への出入りは対岸から船を利用したとか?

 宇津山城は、2つの城から成り立っている。 西の城一帯は、宇津山の麓にある正太寺の霊園となっていて、居心地は良くないが、ここからのながめる浜名湖の風景は一見の価値はある。

 山頂部の霊園奥に案内板と土塁・石垣が僅かに残る。 霊園によって、かなり様相が変わっていると思われるが、山頂部が数段の 削平地に分かれていることは確認できる。

 東の城は、霊園駐車場から続く登り坂の途中から城への入り口がある。 入口がちょうど城の虎口に当たり、藪の中に空堀と土塁が確認できた。 東の城一帯は、畑と竹藪となっていて、虎口以外で城の遺構を探すのは、ちょっと困難な状態であった。


歴     史

 宇津山城は、今川氏親が大永4年頃、遠江と三河の国境を監視させるために築城した。

 永禄3年、桶狭間で今川義元が敗死し、徳川家康が自立する。 三河を統一した家康は、永禄12年には宇津山城を手中に収めた。

 家康は、松平家忠を宇津山城に入れ、城の拡張をさせた。(西の城) 元亀3年には、松平清善に宇津山城番に命じている。 尚、宇津山城の廃城の時期は定かではない。


お城へのアクセス
鉄 道: 天竜浜名湖鉄道知波田駅〜バス/入出
 車 : 東名高速三ヶ日IC〜浜名湖レークサイドウェイ〜国道301号線
駐車場: 正太寺参拝者用の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
浜名湖に突きだした岬(正太寺鼻)に築かれたお城。

静岡県のお城
一覧表へ
トップページへ 湖西市のHPへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県