伯耆 打吹山城



お城のデータ
所在地 鳥取県倉吉市打吹山(打吹公園)
遺 構 曲輪、石垣、桝形、櫓台、竪堀
形 式 山城 築城者: 山名師義 築城年代: 延文年間


見 ど こ ろ

 打吹山城は、倉吉市のシンボル打吹山に築かれ、北に小鴨川・東に竹田川を堀とした城だ。

 打吹公園に接してある市役所・成徳小学校一帯が近世倉吉陣屋があった場所で、道路に沿って陣屋の石垣が残っていた。

 打吹公園から遊歩道が山頂の打吹山城本丸へと続いている。 これが結構きつい坂道が続く。 途中、越中丸脇に櫓風の展望台がある。(ここまで麓から20分)

 山頂の本丸は、腰曲輪を含めて6つの曲輪からなる主郭部を構成している。 天守台と呼ばれる櫓台下には僅かであるが石垣が残る。 山頂部主郭部は、あまり整備はされていないが、東側の曲輪群が山城の趣を今に伝えていた。


歴     史

 打吹山城は、延文年間に伯耆守護山名師義によってが築城され、田内城から守護所が移された。 大永4年、出雲月山富田城主尼子経久の伯耆侵攻により、山名氏の伯耆支配は終わる。

 天正8年、秀吉の鳥取攻めに対峙するため、吉川元春がこの城に入るが、天正10年、和議成立後は羽衣石城主南条元続の持城となった。

 慶長5年、関ヶ原の戦功により中村忠一が米子城に入ると、打吹山城へは城番が置かれた。 慶長14年、中村氏が無嗣子により改易になると城は廃城となった。

 寛永9年、池田光仲が因幡・伯耆を領して備前岡山から鳥取城に入るとすると、次席家老荒尾氏をこの地に配した。 荒尾氏は、打吹山の麓に陣屋を構え、明治に至った。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陰本線倉吉駅〜バス/打吹公園前
 車 : 山陰道琴浦東IC〜国道9号線〜国道313号線
駐車場: 打吹公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
伯耆守護職の居城だったお城。

鳥取県のお城
一覧表へ
トップページへ 倉吉市のHPへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県