遠江 内野陣屋



お城のデータ
所在地 静岡県浜松市浜北区内野
遺 構 移築門
形 式 陣屋 築城者: 近藤用誉 築城年代: 天保13年


見 ど こ ろ

 内野陣屋は、内野地区を南北に流れる陣屋川の西側(川に架かる橋が陣屋橋)にこんもりとした竹藪が見える。 道路沿いには陣屋の案内板が設置されているが、この背後の竹藪と住宅地が陣屋跡だ。 現在では、遺構などは見ることはできない。

 内野地区の公会堂近くの民家に陣屋の門が移築され現存している。 移築されているお宅は、江戸時代に内野(大谷)近藤氏の在地代官を務められた家柄とか。


歴     史

 内野陣屋は、天保13年に近藤用誉によって築かれた。 内野近藤氏は、近藤五家(金指井伊谷多賀大谷・花平)の一つで、寛永元年に多賀近藤用可の長子用行が2,000石を分地され寄合旗本となり、遠州三ヶ日の大谷に陣屋を構えた。 用行は、祖父秀用の遺領から400石、寛永10年に500石の加増を受け、新田分加え3,000石を領した。

 大谷近藤家7代用譽は、陣屋を三ヶ日の大谷から遠州内野へと移し、8代用練の代に明治を迎えた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道本線浜松駅〜バス/内野台車庫
 車 : 新東名浜松浜北IC〜国道162号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
代官を務められたお宅に陣屋の門が移築され残る。
  • 内野陣屋門の移築先 : 静岡県浜松市浜北区内野

静岡県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県