阿波 牛岐城



お城のデータ
所在地 徳島県阿南市富岡町トノ町
遺 構 石垣、模擬門
形 式 平山城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 牛岐城は、別名富岡城とも呼ばれ阿波九城の一つ。  阿南駅西側に2つの小山が商店街を挟んである。 西側の小山の上に、「産業展示館」の三角屋根の展望台があるからすぐ分かる。

 この2つの小山が、牛岐城の本丸趾だ。 昔は1つの山であったとか。  城の北側を桑野川が流れ、城の堀の代わりとなっていた。 今も大筋、この地形に変わりはない。

 城の遺構は、産業展示館を建設する際に発掘したところ、牛岐城の石垣が出土した。 この展示館の1F、石垣が保存されている。 また、公園内には城門が復元されている。


歴     史

 牛岐城の築城年代は明かではないが、至徳年間に新開実重が、守護細川氏に従って阿波に入部した時に築城した説が有力である。

 天正10年、城主新開道善は長宗我部元親の軍門に降るが、元親によって謀殺されてしまう。 天正13年、蜂須賀家政が阿波を領有すると、阿波9城の一つとして家老賀島主水正が入城する。 その後、元和の一国一城令により廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR牟岐線阿南駅〜徒歩約5分
 車 : 徳島道徳島IC〜国道11号線〜国道55号線〜県道23号線
駐車場: 産業展示館の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
僅かに残る石垣が展示館内に保存されているお城。

徳島県お城
一覧表へ
トップページへ

四国のお城
香川県愛媛県徳島県高知県