石見 鵜丸城



お城のデータ
所在地 島根県大田市温泉津町温泉津
遺 構 曲輪
形 式 山城 築城者: 毛利元就 築城年代: 元亀元年


見 ど こ ろ

 鵜丸城は、温泉津港東端の岬に築かれた城だ。 温泉津港側から鵜丸城まで石段を登る。 登り切った処が鵜丸城だ。 

 鵜丸城は、港湾防衛の城であったことから港に向けて銃陣が布けるような帯曲輪が多数設けられているのがこの城の縄張上の特徴だ。

 しかし、城域全体がブッシュに覆われていて、城の遺構を確認することは難しいが、岬の先端に灯台が設けられているため、灯台までの道筋では曲輪の遺構などは何とか確認することができる。


歴     史

 鵜丸城は、元亀元年に毛利元就が毛利水軍の拠点として都野氏に命じて築かせた。 石見銀山と温泉津を支配下に置いた毛利氏は、銀の積み出しや銀山での消費物資の陸揚げ等、銀山の外港として重要な沖泊を毛利水軍の拠点として、鵜丸城と対岸の櫛山城とともに船の監視と警護を行った。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陰本線温泉津駅〜徒歩約15分
 車 : 浜田道浜田IC〜国道9号線〜県道236号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
銀山の外港「沖泊」の防衛の為に築かれ毛利水軍のお城。
  • 鵜丸城の登城口
    沖泊トンネル入口手前にの海岸沿いに鉄工所(?)があり、工場左手から鵜の丸城へ登る階段がある。 階段の左手に案内板がある。

島根県のお城
一覧表へ
トップページへ 大田市のHPへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県