日向 梅北城



お城のデータ
所在地 宮崎県都城市梅北町字城下
遺 構 曲輪、空堀、土塁
形 式 山城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 梅北城は、梅北町城下地区の北側の丘陵に築かれた城だ。 地区の入口に梅北城の案内板が建てられていた。

 梅北城の縄張りは、飛永城・中の城・上村城・新城の4つの曲輪があり、曲輪を隔てている空堀がよく残っている。

 ただ、市史跡に指定されているが、整備はされておらず、新城は畑となり、中の城は雑木に覆われていた。


歴     史
(現地案内板より)

 梅北城は、平安時代末期の万寿3年に平季基によって築かれたと云われているが定かではない。

 長禄3年、島津宗家の島津忠国が一族島津有久を城主とした。 それ以後、この城は島津・新納・北郷・伊東氏による争奪戦が行われた。

 慶長4年の庄内の乱後、都城城主となった北郷忠能の持城となったが、元和元年の一国一城令により廃城となった。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR日豊本線都城駅〜バス/麓(路線詳細 宮崎交通のHPへ
 車 : 宮崎道都城IC〜国道10号線〜県道109号線/麓〜県道12号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
曲輪を隔てている空堀がよく残っているお城。

宮崎県のお城
一覧表へ
トップページへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県