羽後 吉田城



お城のデータ
所在地 秋田県横手市平鹿町上吉田間内字吉田
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 平城 築城者: 小野寺輝道 築城年代: 永禄年間


見 ど こ ろ

 
吉田城は、西法寺館とも呼ばれ、上吉田地区の西法寺北側に築かれている。 城の縄張りは、約100四方の方形に土塁が廻らされ、四隅に櫓を配した井桁状の呈している。

 現在、西法寺の墓地として南側の土塁が一部消滅しているが、高さ2〜3mある土塁が他の三方に原形をほぼ留めている。 また、土塁の外側には、一部道路によって幅が狭くなっているが、土塁に沿って堀が廻らされている。 


歴     史

 吉田城は、永禄年間に小野寺輝道によって築かれた。 一時大和田光盛に横手城を奪われていた小野寺輝道は、横手城を奪回し、家督を義道に譲って吉田城に隠居した。 輝道没後、輝道の末子棟道が城主となった。

 慶長5年、関ヶ原の役で西軍に与した小野寺氏は改易となり、慶長7年に佐竹義宣が出羽に移ると、吉田城へは茂木監物が城主となった。 元和元年、茂木氏は横手城へと移り、吉田城は廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR奥羽本線横手駅〜バス/平成高校前
 車 : 秋田道横手IC〜国道13号線〜国道107号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
四隅に物見櫓台を持つ井桁状の縄張りを持つお城。

秋田県のお城
一覧表へ
トップページへ 横手市のHPへ

北海道・東北のお城
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県