三河 上野上村城



お城のデータ
所在地 愛知県豊田市上郷町薮間
遺 構 曲輪、土塁
形 式 平城 築城者: 戸田宗光 築城年代: 文安年間


見 ど こ ろ

 上野城は、上郷護国神社境内と上郷区民会館の敷地一帯に築かれていた。 公民館南側の駐車場の一角に案内板と「榊原康政誕生の地」の石碑が立てられている。

 案内板にある縄張り図を見ると、どうやらこの地が主郭部で、東を流れる家下川に添って南と西側に曲輪が梯郭式に配された縄張りの平城であったようだ。


歴     史

 上野上村城は、文安年間に戸田宗光によって築かれたと伝えられている。 宗光は、文明7年に渥美田原城へと移った。 明応2年、城主であった阿部孫次郎は、鈴木・中條・那須・三宅氏らと共に松平親忠との戦ったが破れ、松平氏に臣従した。 上野城へは松平信定・清定父子が在城した。

 天文14年に清定は宗家松平広忠と戦い、翌年には宗家に降り桜井城へと移された。 替わって酒井忠尚が入るが、永禄6年に三河一向一揆が起こると忠尚は一揆方に組みしたため、永禄8年に家康によって攻められ落城した。


お城へのアクセス
鉄 道: 愛知環状鉄道三河上郷駅〜徒歩約10分
 車 : 伊勢湾岸道豊田南IC〜国道165号線〜県道239号線
駐車場: 上郷区民会館の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
徳川四天王のひとりに数えられた榊原康政生誕のお城。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県