播磨 長水城



お城のデータ
所在地 兵庫県宍粟市山崎町宇野
遺 構 曲輪、石垣、土塁、堀切
形 式 山城 築城者: 赤松則祐 築城年代: 文和年間


見 ど こ ろ

 長水城は、標高584メートル・比高450メートルの長水山山頂に築かれている。

 山頂までの登城道は勾配は、メチャメチャきつい。 汗だくになって登りついた城跡には、日蓮宗真徳寺がある。 住職やその家族が、日々この急な登城道を使って生活されているのには、驚かされ脱帽。

 山頂の最高所に本丸を置き、尾根に沿って南北に二の丸、更に南の尾根の先端に三の丸が配されている。 本丸の主郭部(寺の本堂が建つ)には、石垣が築かれている。


歴     史

 文和年間に播磨守護赤松則祐によって築かれ、広瀬師頼に守らせた。 その後、守護代宇野氏が長水城を本拠として、赤松氏築いた城を拡張・修築を行った。

 赤松氏の勢力衰退に伴い、自立した宇野氏は篠の丸城・香山城などの支城を築き、勢力を誇っていたが、 天正8年、羽柴秀吉による長水城攻めにより、宇野光時は滅ぼされた。

 その後、元和元年に池田輝澄によって、山崎城が築かれ、長水城は廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陽本線姫路駅〜神姫バス/山崎行。 約1時間
 車 : 中国道山崎IC〜国道29号線〜県道429号線
駐車場: 大手道からは、伊水小学校の駐車場を利用
搦手道からは、林道終点に駐車スペース10台程度あり。


ひとくち MEMO
登城道はともかく急で長い道のり(約1時間)の先にお寺が・・・。
  • 長水城の登城口
    大手口〜伊水小学校の裏手に小公園あり、この公園奥から登城道がある。(標識あり)

兵庫県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県