筑前 剣岳城



お城のデータ
所在地 福岡県鞍手郡鞍手町中山
遺 構 曲輪、土塁、石垣、横堀、畝状竪堀
形 式 山城 築城者: 梅野土佐 築城年代: 応仁年間


見 ど こ ろ

 剣岳城は、剣岳山頂に築かれていて現在は「剣岳自然公園」として整備され、九州道の鞍手IC付近から西側にあり走る車の車窓から一見して城址と分かる。

 剣岳城は、山頂部に主郭を置き、東から続く尾根筋を二重の堀切で断ち切って防備を固め、更に堀切で守られた東面を除く三方面にはぐるりと畝状竪堀群を巡らしている。

 主郭は、後世に神社が祀られたため改変もあるが、堀切に面した東面と南面の虎口付近、更に南東部角付近に一部石垣の遺構が残存していた。 神社建設時の石垣とも云われているが、神社参道とは関係ない場所にも残っているため城郭遺構だと考えられているとか。


歴     史

 剣岳城は、応仁年間に梅野土佐によって築かれた。 文明年間には宗像氏の出城となり、宗像氏の家臣野中勘解由が守将となっている。

 その後、空城となっていた剣岳城を天文年間に秋月文種が手中に収め、家臣跡部安芸守を城主とした。 天正15年の豊臣秀吉による九州征伐に際して、秀吉方の山鹿家氏・宗像氏らに攻められ落城し、廃城となって破却された。


お城へのアクセス
鉄 道: JR鹿児島本線遠賀川駅〜バス/不動院
 車 : 九州道鞍手IC〜県道472号線
駐車場: 剣岳自然公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
走る車の車窓から一見して城址と分かるのだ・・・・。

福岡県お城
一覧表へ
トップページへ 鞍手町のHPへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県