土佐 釣鐘ヶ森城



お城のデータ
所在地 高知県香南市夜須町上夜須字クスダ
遺 構 曲輪、土塁、堀切
形 式 丘城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 釣鐘ヶ森城は、夜須川の東側対岸にある尼ヶ森城・二本松城と併せて上夜須城と呼ばれ、地元では尼ヶ森城を本城あるいは東城、釣鐘ヶ森城を西城と呼ばれている。

 県道沿いのバス停北側に城石碑があり、ここから西へと道なりに登って行くと、畑の右手に資料の縄張り図にある城八幡があった。

 釣鐘ヶ森城は、この城八幡の祠は主郭の土塁と思われる塁上にあり、道路となっている所が堀切の跡で、左手の畑地一帯が二の曲輪が配された縄張りとなっていた。


歴     史

 釣鐘ヶ森城は、築城年代や築城者については定かではない。  戦国時代に長宗我部国親・元親に仕えた吉田城主吉田重俊が永禄元年に城主となり、以後吉田氏は重俊−重康−孝俊−重年(康俊)と続く。

 永禄6年に安芸城主安芸国虎が長宗我部元親の居城岡豊城を攻めたとき、吉田重俊・重康父子は元親の救援に駆けつけて安芸勢を退却させている。


お城へのアクセス
鉄 道: 土佐くろしお鉄道夜須駅〜バス/上夜須
 車 : 高知道南国IC〜国道32号線〜国道55号線〜県道51号
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
長宗我部氏の重臣吉田重俊の居城。

高知県お城
一覧表へ
トップページへ

四国のお城
香川県愛媛県徳島県高知県