豊後 角牟礼城



お城のデータ
所在地 大分県玖珠郡玖珠町森
遺 構 曲輪、石垣、土塁、井戸、竪堀
形 式 山城 築城者: 森 朝通 築城年代: 弘安年間


見 ど こ ろ

 麓の三島公園(森陣屋跡)から見上げる角牟礼城は、まさに「難攻不落の城」そのものだ。 しかし、難攻不落の城も今では三の丸まで林道が通じていて楽々登ることが出来る。

 石垣で囲まれた三の丸の駐車場には案内板があり、麓から登る登城道は、この三の丸の虎口を経て、こから搦手門へと至る。 三の丸から搦手門にかけて野面積ながらも立派な石垣が築かれている。

 搦手門を経て二の丸へ。 ここに大手門の枡形虎口の石垣がよく残っていて、櫓門であっただろうか、城門の礎石が残っていた。 この城門、大手門と呼ばれているが、この虎口が「大手」と呼ぶには城の縄張りからして無理があるのではなかろうか。

 角埋神社をへて本丸へ。 この辺りの曲輪群は雑木に覆われていたが、本丸隅の櫓台付近にも石垣が残っていた。


歴     史

 角牟礼城は、弘安年間に森朝通によって築かれた。 戦国時代には、豊前大内氏と豊後大友氏との争いでは、豊後から豊前宇佐郡へ通じる交通の要衝の地であったため、玖珠郡衆により城はより堅固に修築された。

  天正14年、島津義弘は豊後国への侵攻を開始し、 新納忠元を将として玖珠郡に攻め込んだ。 角牟礼城には、森氏をはじめ魚返・中島・志津利氏などの玖珠郡衆が籠城。 難攻不落の天然の要害に築かれた角牟礼城を島津軍も攻め落とすことが出来なかった。

 文禄3年から慶長5年にかけて、日田日隈城主毛利高政が、玖珠の拠点として角牟礼城を整備したが、慶長6年に久留島氏が入封し、山麓に森陣屋を築き、角牟礼城は廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR久大本線豊後森駅〜バス/伏原
 車 : 大分道玖珠IC〜国道387号線〜町道
駐車場: 角牟礼城の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
難攻不落、勇猛な島津氏も落とせなかったお城。
  • 角牟礼城の登城口
    三島神社の本殿裏から登城道が山頂の角牟礼城まで通じている。 しかし、楽して登るには、車で三島公園入口の伏原バス停付近にある「角牟礼城」への道標に沿って三島公園を迂回して登る坂道(町道)を約2km程進むと右手に角牟礼城趾へ登る林道がある。 車で三の丸まで登ることが出来る。

大分県のお城
一覧表へ
トップページへ 玖珠町のHPへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県