讃岐 筑城城



お城のデータ
所在地 香川県高松市鶴市町本村
遺 構 なし。
形 式 平城 築城者: 筑城三郎左衛門 築城年代: 天正年間


見 ど こ ろ

 筑城城は、飯田郷三城の一つで下飯田城とも云われ、ちょうど香西氏の本城佐料城と木津川を挟んで対面にある。 
 
 案内板によれば、「筑城城は土塀囲いの屋敷で小学校の北側に南門、農協支所の北側に北門があった」とか。 弦打小学校の西側を南北に走る市道を北へ約150m程行った右手に本村地区集会所があり、ここに城尾神社と城の案内板がある。


歴     史

 築地城は、天正年間に筑城三郎左衛門によって築かれた。 筑城氏は、勝賀城主香西氏に仕え、天正10年には長宗我部元親の軍と是竹の伊勢神宮の馬場で戦っている。 香西氏の滅亡後、城主筑城清左衛門は、讃岐国主となった生駒親正に200石で召し抱えられた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR予讃本線鬼無駅〜徒歩約15分
 車 : 高松道檀紙IC〜県道178号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
飯田郷三城の一つに数えられる香西氏重臣の居城。

香川県お城
一覧表へ
トップページへ

四国のお城
香川県愛媛県徳島県高知県