下野 椿田城



お城のデータ
所在地 栃木県佐野市船津川町2367
遺 構 水堀、土塁(?)
形 式 平城 築城者: 福地寧久 築城年代: 永禄3年


見 ど こ ろ

 椿田城は、才川と菊沢川に挟まれた水田地帯に築かれた城だ。 もっとも、本来どの程度の規模の城であったか定かでないが、帰農後の福地氏が城趾に江戸時代を通して屋敷を構えていることから、椿田城は単郭の居館規模の城であったと思われた。

 現在は、椿田城の周囲に残っている用水路が堀跡で、福地氏邸の一角に標柱が建てられている。 


歴     史

 椿田城は、永禄3年に福地寧久によって築かれた。 福地氏の本国は丹波で、福地仲久の時に唐沢山城主佐野盛綱の客将となり、4代後の寧久は佐野昌綱に仕え片諱を賜り昌寧と改名した。 その後、慶長19年に佐野信吉改易となると、福地氏は帰農して江戸時代は名主・郷士であった。


お城へのアクセス
鉄 道: 東武鉄道佐野線田島駅〜徒歩約15分
 車 : 東北道佐野藤岡IC〜国道50号線〜県道7号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
水路と化しているが、今でも堀が残るお城。

栃木県のお城
一覧表へ
トップページへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県