大和 椿井城



お城のデータ
所在地 奈良県生駒郡平群町椿井
遺 構 曲輪、土塁、石垣、堀切、土橋
形 式 山城 築城者: 嶋左近 築城年代: 戦国時代末期


見 ど こ ろ

  椿井城は、矢田丘陵南端部の二つのピークを中心に築かれた城だ。 西宮城の詰めの城として築かれたと云われ、平群谷を隔てて西にある信貴山城の松永久秀を押さえるため、筒井氏にとっても重要な城であった。

 城への登城道は、本来平等院春日神社、椿井春日神社からそれぞれ通じていたと思われるが、現在では全く消滅しており、訪城者を拒む「大和の山城」として有名。(西と東から二回トライしたが撤退、三度目で漸く登城できた。)

 椿井城は、南北に伸びる丘陵に連郭式に曲輪を配した縄張りとなっていて、北のピークに主郭を中心とする曲輪群を置き、北に2本の堀切を設けている。

 南のピークを中心とする南の曲輪群とは鞍部に堀切を設け、更に南に二本の堀切があり、南端の堀切には土橋が設けられていた。 空堀と曲輪に残る土塁は確認できるが、どの曲輪も笹や箭竹覆われ、遺構確認も容易ではなかった。


歴     史

 椿井城は、戦国時代に嶋左近によって築かれた。 嶋氏は、興福寺一乗院の坊人として大内庄下司に任じられて平群郡南部に勢力を伸ばし、戦国時代には筒井城主筒井氏に従った。

 嶋左近の代になると松倉右近・森志摩と「筒井三家老」の一人に数えられ、信貴山城主松永久秀と幾度も戦っている。

 嶋左近は、筒井順慶の没後に筒井氏を去り、文禄年間には近江佐和山城主石田三成に仕え、慶長5年関ヶ原にて討死した。


お城へのアクセス
鉄 道: 近鉄生駒線竜田川駅〜徒歩約15分(登城口)
 車 : 第二阪奈道路壱分IC〜国道168号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
ブッシュをかき分け、消えてしまった登城道を登るお城。

奈良県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県