伊勢 津 城



お城のデータ
所在地 三重県津市丸之内
遺 構 復興櫓、天守台、石垣、堀
形 式 平城 築城者: 細野藤敦 築城年代: 永禄年間


見 ど こ ろ

 藤堂氏32万石の本城。 かつては幅の広い水堀で囲まれていた津城は、今では本丸と西の丸部分だけとなっている。

 本丸内部は、近代的な公園として整備されているが、公園の周囲はやっぱり城そのもの。 三層の復興櫓が、本丸丑寅櫓続多聞櫓跡に建てられている。

 公園の片隅にひっそりと天守台が残っている。 天守台には登り階段が無く上れないが、下から天守台を眺めていると無性に登りたくなるのは私だけか・・・。

 西の丸は、日本庭園となっている。 ここに藩校の「入徳門」が移築されている。 本丸・天守台辺りよりも、西の丸の方が城の風情を良く残している。 西の丸枡形虎口、石垣の周囲をめぐる堀、なかなかいい。

 西の丸堀端のバス停付近から東を見ると、堀に囲まれた西の丸・本丸戌亥櫓台の石垣と松の木、写真を撮るならお薦めポイントか? 


歴     史

 津は、古くは安濃津と呼ばれていた。 ここに初めて築城したのは、永禄年間に長野一族の細野藤敦である。

 永禄11年、神戸氏を下した織田信長は、中勢の長野具藤を攻略して、弟の織田信包を長野氏の養子とする事で和睦する。

 信包は、安濃津城に入り、城を拡張整備して五層の天守を築いた。 信包は、津の侍従とも呼ばれ15万石を領していたが、文禄3年に秀吉の機嫌を損ね、丹波柏原へ移封となった。

 替わって富田知信が、5万石で入城した。 子の信高の時に、関ヶ原では東軍に属したが、西軍の毛利秀元によって津城は落城した。 東軍の勝利によって、富田信高は伊予宇和島12万石に加増転封となった。

 慶長13年、藤堂高虎が伊予今治から22万石(後加増10万石)で入封する。 高虎は、平時の居城として津城を大改修した。 天守台は築かれたが、天守は築かれなっかた。

 藤堂氏は、久居藤堂名張藤堂と支藩を置き、伊賀上野城に城代を置いて領内治世を行った。 藤堂氏は、江戸時代を通じて津城を動くことなく11代続いて明治に至った。  


お城へのアクセス
鉄 道: 近鉄名古屋線津新町駅〜徒歩約10分
 車 : 伊勢道津IC〜県道42号線
駐車場: 城址周辺に有料駐車場多数あり。


ひとくち MEMO
築城の名手、藤堂高虎が居城として築いたお城。

三重県のお城
一覧表へ
トップページへ 津市のHPへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県