越中 富山城



お城のデータ
所在地 富山県富山市本丸
遺 構 模擬天守、曲輪、石塁、堀
形 式 平城 築城者: 水越勝重 築城年代: 天文元年


見 ど こ ろ

 かつては、五層の天守(新発田城の天守と同様に3個の鯱が乗せられていた)、櫓3基、櫓門3ヶ所が建てられたという。 また、石垣の上には本家金沢城と同様、唐破風付出格子がついた海鼠塀がめぐっていた。

 城跡は、現在城址公園となっている。 本丸南側の堀と石垣、そして本丸枡形虎口の石垣上には、三層の模擬天守が建てられている。 天守内部は、郷土博物館になっている。 

 前田利次による万治4年の大改修された時に築かれた天守台は、今は半壊しているがわずかにその痕跡を残している。 高岡城の天守台を参考にしたと考えられる。 

 また、城址公園内に三層の隅櫓風の建物があるが、ここは美術館ある。 この脇の石垣もなかなかのものだ。


歴     史

 富山城は、天文元年に水越勝重によって築かれ、後に勝重は神保長職と名を改めた。 その後神保氏が3代に渡って居城した。

 天正4年、越後春日山城主上杉謙信は富山城の神保氏を追い、家臣の小笠原長隆・上杉信定を置いた。
 
 天正7年、織田信長は越前小丸城主佐々成政を富山54万石封じた。 成政は、城を改修し城下町の整備を行った。 その後成政は、信長の死後の後継者争いで反秀吉の立場をとるが、柴田勝家滅亡後、秀吉の軍門に降った。 天正15年の豊臣秀吉の九州征伐後、成政は肥後熊本城へ転封になった。

 慶長5年の関ヶ原の戦功により金沢城主前田利長は、加賀・能登・越中の3ヶ国120万石を得た。 慶長10年に利長は隠居して富山城に移るが、慶長14年に主要部の建物をことごとく焼失したため、高岡城を築いて移った。

 寛永16年、3代前田利常は、次男利次に10万石を与えて分家させた。 利次は、廃城と化していた富山城を修復、寛文元年に入城して富山藩が成立した。 以後富山前田氏13代の居城として明治に至った。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR北陸本線富山駅〜富山地鉄丸の内・県庁前駅(路面電車)
 車 : 北陸道富山IC〜国道41号線
駐車場: 城址公園の有料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
路面電車で行くお城。
  • 郷土博物館(富山城模擬天守)
    開館時間

    9:00〜17:00(入館は16:30まで)

    休館日

    月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日(土・日曜を除く)
    展示替期間中、年末年始(1228日〜14) 
    ただし、8月12日、9月2日は臨時開館します。

    料 金

    単館 一般210(170)、小中生110(80)
    共通 通常 一般350円(270円)、小中生140円(110円)
    佐藤記念美術館と共通。 (   )内は20名以上団体料金


富山県のお城
一覧表へ
トップページへ 富山市のHPへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県