三河 東条城



お城のデータ
所在地 愛知県西尾市吉良町駮馬
遺 構 曲輪、模擬櫓、模擬城門、土塁
形 式 平山城 築城者: 吉良義継 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 東条城は、現在は古城公園として整備されている。 本丸の周囲には土塁が残り、大手虎口に城門とその脇に井楼形式の物見櫓が復元(模擬?)され、中世城郭の雰囲気を様子が良くわかる。

 本丸物に建てられた物見櫓に登り、城の西方面を見ると、川を挟んで徳川家康がこの東条城を攻めたおり本陣跡が一望でき、攻城の時に西から南にかけて「三つ葉葵」旗端指物で埋め尽くされている光景が脳裏に浮かぶ。

 東条城は、丘陵が平野部に突き出した先端部を利用して築かれ、後ろを山(丘陵)、前は沼沢(現在は水田)となった要害で、丘の最高所に本
丸を置き、北東に一段下がった所が、二の丸(八幡社の境内)で、ここにも境内を囲むように土塁があった。  


歴     史
(現地案内板より)

 承久年間に三河守護となった足利義氏は、西条城(西尾城の前身)を築いて長男長氏に譲った。 この長氏の系統が西条吉良氏となる。

 義氏は、西条城の東に一城を 築いて三男義継(東条吉良氏)を置いた。 この城が東条城である。

 応仁の乱には、西条・東条吉良氏は東西に別れ争い、東条吉良義藤は敗れ城は落城した。

 戦国時代には徳川家康の三河統一の過程で、吉良義昭は家康に東条城を攻められ、東条吉良氏は滅亡した。

 その後、東条吉良義定が、家康に召し出され、吉良陣屋を築きこの地に返り咲いた。(高家吉良氏) この義定の子孫が吉良上野介義央である。


お城へのアクセス
鉄 道: 名鉄西尾線上横須賀駅〜バス
 車 : 東名高速岡崎IC〜県道26号線〜県道48号線〜県道43号線
駐車場: 東条城古城公園の無料駐車場(約12台程度)を利用。


ひとくち MEMO
城門とその脇に井楼形式の物見櫓が復元(模擬)されているお城。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ 東条町のHPへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県