三河 東端城



お城のデータ
所在地 愛知県安城市東端町中縄手
遺 構 曲輪、土塁
形 式 平城 築城者: 長田尚勝 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 東端城は、城山稲荷とその駐車場になっている一帯を中心に、東西に長く幾つもの曲輪が設けられていた。

 確かに、城跡を北側から見ると、水田を隔てて一段高くなった地形(人工的なものか?)が東西に長く連なっている。

 現在では、駐車場の東側と城山稲荷南側に僅かではあるが土塁が残っている。

 また、東隣の念空寺との間は、幅5〜6メートル程、高さ3メートル程の間隔があり道路となっているが、これは明らかに空堀跡であろう。


歴     史

 東端城は、三河大浜の長田重元が嫡子尚勝に築かせ、東端城主とした。

 長田尚勝の弟が永井直勝である。 直勝は、天正12年の小牧・長久手の合戦で秀吉方の池田恒興を討ち取る戦功をあげた。
 この戦功により、徳川家康は永井直勝を兄尚勝に替わって東端城主とした。

 元和2年、永井直勝は常陸笠間城主となり転封、この時東端城は廃城となった。   


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道本線安城駅〜バス/東端
 車 : 名古屋高速3号線〜国道23号線/和泉IC〜県道45号線
駐車場: 城山稲荷の参拝者用(無料)駐車場を利用。


ひとくち MEMO
城山稲荷の境内と駐車場に僅かながら土塁が残っているお城。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県