越前 東郷槇山城



お城のデータ
所在地 福井県福井市栃泉町
遺 構 曲輪、土塁、堀切、竪堀
形 式 山城 築城者: 朝倉正景 築城年代: 応永年間


見 ど こ ろ

 東郷槇山城は、一乗谷西峰の御茸山とは尾根続きで尾根が北西に突き出した先端部を利用して築かれていて、足羽川を挟んで北側にある成願寺城と共に朝倉氏本拠一乗谷を守る支城の要であった。

 城山の西側から駐車場となっている二の丸まで車道が通じているが、本来の大手口は三社神社から登城道があり、途中幾段もの曲輪が配されている。

 城山の最高所に本丸が置かれ、ここに長谷川秀一の碑が立てられている。 二の丸をの南側に千畳敷と呼ばれる曲輪があり、ここに土塁と堀切の遺構が良く残っていた。


歴     史

 東郷槇山城は、応永年間に朝倉正景によって築かれた。 正景は、朝倉3代氏景の次男で東郷庄の荘官となり東郷下総守を称した。

 朝倉氏滅亡後、柴田勝家・丹羽長秀が越前を領するが、天正13年に長谷川秀一が城主となり東郷15万石を領した。 秀一は、文禄3年の文禄の役で朝鮮に出陣中に病没し、継嗣なく長谷川氏は改易となった。

 その後には丹羽長秀の次男長昌が城主となったが、慶長5年の関ヶ原では西軍に与したため改易となり、東郷槇山城も廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR九頭竜線越前東郷駅〜徒歩約15分(登城口)
 車 : 北陸道福井IC〜国道158号線〜県道32号線
駐車場: 東郷槇山城の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
朝倉氏の本拠一乗谷の西を守ったお城。

福井県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県