因幡 鳥取城



お城のデータ
所在地 鳥取県鳥取市東町
遺 構 天守台、門、曲輪、石垣、堀
形 式 平山城 築城者: 山名誠通 築城年代: 天文10年


見 ど こ ろ

 鳥取城は、久松山の山頂部にある山城と山麓部にある城に分かれている。 秀吉による「鳥取城の渇殺」のときは、山頂部分だけであった。

 山頂部分は、詰めの城として二層の天守があり、今も天守台、多聞櫓、月見櫓の石垣が残る。 天球丸から約30分。

 山麓へと城の中核が移り、今は、櫓台が残るだけだが、その山麓の城の天守が「御三階櫓」だ。

 山麓部の城は、近世城郭そのもので、累々と築かれた石塁が、32万石の居城であったことを改めて思い知らされる。 城跡には、建造物の唯一の遺構である城門が現存している。 


歴     史

 鳥取城は、天文10年に因幡守護山名誠通が久松山に築城したとされている。

 天正9年、山名豊国は家老により鳥取城を追われ、毛利より石見福光城主吉川経家が入城するが、羽柴秀吉の「鳥取城の渇殺」により落城する。 落城のあと、宮部継潤が5万石で城主となる。

 慶長5年、関ヶ原の戦功により池田長吉が6万石で入封する。 長吉は、山麓部に天球丸・二の丸・三の丸を増築するなど、城の大修築を行った。

 元和3年、姫路より池田光政が32万石で入封する。 この光政によって鳥取の城下町が完成した。 寛永9年、岡山の池田光仲と領地替えとなる。 光仲入封後、12代慶徳の時に明治を迎えた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陰本線鳥取駅〜バス
 車 : 中国道作用IC〜国道53号、中国道山崎IC〜国道29号
駐車場: 鳥取城の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
羽柴秀吉の「渇殺」で有名なお城。

鳥取県お城
一覧表へ
トップページへ 鳥取市のHPへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県