土佐 大津城



お城のデータ
所在地 高知県高知市大津甲
遺 構 曲輪、土塁、石積み、堀切
形 式 丘城 築城者: 天竺氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 大津城は、土佐電鉄の清和学園前停留所の背後にある丘陵上に築かれていて、現在古城八幡宮の境内といる。 停留所西側に大津城の城石碑と案内板が立てられいて、ここから丘の上まで神社参道の石段を登る。 この石段、結構急角度で段数もあり結構きつい。

 城の縄張りは、東から一の曲輪から四の曲輪まで四つの曲輪が尾根上に連郭式並び、各曲輪とも南北に帯曲輪が付属したいる。 さらに、各曲輪を区画するように堀切が掘られ、特に二の曲輪の前後二条の堀切は結構深い堀切であった。


歴     史

 大津城は、築城年代は定かではないが天竺氏によって築かれた。 天竺氏は、細川氏の一族であったとされ、文明10年に天竺花氏は津野之高に攻められ滅亡した。

 天文15年、津野基高は一条氏に降り一条氏の武将が城番となったが、翌年には長宗我部国親が大津城を攻めて手中に収めた。

 天正2年に一条兼定が豊後に追われると、長宗我部元親は兼定の子内政に元親の娘を娶らせ大津城に居住させた。 しかし、天正8年に波川玄蕃の謀反に加担したとして一条内政は元親により大津城から伊予へと退去させられた。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR土讃線高知駅〜土佐電鉄桟橋線/清和学園前
 車 : 高知道南国IC〜国道32号線〜国道195号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
土佐守護の細川氏一族の天竺氏代々の居城。

高知県お城
一覧表へ
トップページへ

四国のお城
香川県愛媛県徳島県高知県