土佐 国吉城



お城のデータ
所在地 高知県香南市香我美町徳王寺字国吉
遺 構 曲輪、堀切、竪堀
形 式 山城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 国吉城は、王子古城・山南古城・川谷城などの別名があり、香宗川左岸に面した丘陵のピークを利用して築かれている。 現在は、山頂部に城八幡が祀られ南側から山頂まで急な石段の参道が付けられてる。

 国吉城の縄張りは、城八幡が祀られている場所が二の曲輪で東西に伸びる丘陵の尾根筋上にあり、東側に一段高くなった所が一の曲輪が置かれ、一段下に二の曲輪をUの字型に取り囲むように帯曲輪が配されていた。 


歴     史

 国吉城は、築城年代や築城者は定かではないが、戦国時代には川谷越後守が居城していた。 永禄12年に長宗我部元親が安芸氏を攻めた際に、元親の家臣国吉甚右衛門・玄蕃親子が攻め取り、国吉城は玄蕃に元親より与えられた。


お城へのアクセス
鉄 道: 土佐くろしお鉄道野市のいち駅〜バス/香美市民館
 車 : 高知道南国IC〜国道32号線〜国道55号線〜県道227号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
香宗川左岸の丘陵上に築かれていた長宗我部氏の家臣国吉氏の居城。

高知県お城
一覧表へ
トップページへ

四国のお城
香川県愛媛県徳島県高知県