加賀 鳥越城



お城のデータ
所在地 石川県白山市三坂町
遺 構 曲輪、模擬櫓門、模擬門、石垣、土塁、堀切、空堀
形 式 山城 築城者: 鈴木出羽守 築城年代: 天文年間


見 ど こ ろ

 鳥越城は、大日川と手取川に挟まれた鳥越山山頂に築かれて、車で山頂の鳥越城址まで登ることができる。 この林道途中の出丸跡に鳥越城の石碑が建てられていた。

 鳥越城本の丸からの眺めは極めて良く、越前・美濃から加賀への交通の要所に築かれたことが、ここからの眺めが物語っている。 また、城の南側には大日川を挟んで築かれた支城の二曲城も手に取るように見ることが出来る。

 鳥越城の縄張りは、頂上部の本丸を中心に南北に曲輪が配置され、南に二の丸・三の丸(この間に堀切があり土橋によって結ばれている。)、北に後二の丸・後三の丸がある。

 また、本丸・二の丸・後三の丸には腰曲輪が配置されている。  鳥越城は、国指定史跡に指定されていることから、三の丸を除いて綺麗に細微されている。

 本丸虎口は、石垣が築かれ桝形虎口を形成していて、櫓門と城門が復元されている。 また、本丸櫓門脇には一段高く望楼台の土塁があった。

 後三の丸は、二段に分かれ鳥越城の曲輪の中で一番広い面積がある。 後三の丸の周囲には空堀が掘られ防備を固めている。   


歴     史

 鳥越城は、天文年間に白山麓の加賀一向一揆の軍事拠点として、鈴木出羽守(雑賀鈴木氏の一族鈴木重泰?)によって築かれた。

 天正8年、織田信長は北の庄城主柴田勝家に加賀一向一揆の平定を命じた。 尾山御坊落城後も白山麓を拠点に織田勢に抵抗するが、ついに二曲城共々落城した。

 天正9年、最後まで抵抗した山内衆は蜂起して、鳥越城主となった吉原次郎兵衛を討ち、鳥越城を奪回するが、金沢尾山城主佐久間盛政によって鎮圧された。 翌10年に再度蜂起したがこれも鎮圧され、この時の織田信長の弾圧は峻烈を極め、300余名の門徒衆が磔となった。


お城へのアクセス
鉄 道: 北陸鉄道石川線鶴木駅〜北鉄バス
 車 : 北陸道小松IC〜国道360号線、金沢西iC〜国道157号線
駐車場: 山腹に鳥越城無料駐車場あり。(約30台程度)


ひとくち MEMO
山頂に築かれた城跡が見事に復元された山城。
  • 鳥越城への登り口
    鳥越村役場前「別所」交差点から北に約500m進むと右手に登り口がある。(標識あり)
  • 山腹に駐車場があるが、訪れる人が「まばら」なら本の丸城門前まで車で行ける。
  • 鳥越村一向一揆歴史館                                           
    石川県石川郡鳥越村字出合甲26番地 
      TEL・FAX 07619-4-8020
    開館時間 9:00 〜 16:30(入館受付 16:00まで)
    休館日 毎週月曜日(ただし祝日の場合は翌日)
    年末年始・館内特別整理期間
    入館料 大人 300円  小人 100円
    一向一揆の資料や、国指定史跡「鳥越城跡附二曲城跡」からの出土遺物を展示。

石川県のお城
一覧表へ
トップページへ 鳥越村のHPへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県