大和 十市城



お城のデータ
所在地 奈良県橿原市十市町
遺 構 なし。
形 式 平城 築城者: 十市氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 十市町集落の北のはずれに城跡はあった。 まわりは水田と畑となっていて、城の遺構などは何も残っていない。 周囲から一段高くなった畑の片隅に「十市城址」の碑が草に埋もれてあるだけだった。 


歴     史

 十市城の築城年代は定かではないが、十市氏代々の居城。 始めは館程度の規模と考えられるが、時代と共に拡張され城となった。

 永正年間には、十市遠治が興福寺大乗院領の荘官となり、筒井・越智氏と並んで国判衆の一人と数えられ、大和武士長谷川党の中心勢力であった。

 戦国時代、十市遠忠は筒井城主筒井順興・順慶に仕え、詰めの城として龍王山城を築いた。 筒井順慶と信貴山城主松永久秀との勢力争いにより、十市城は落城している。

 天正13年、筒井定次が伊賀上野に移封されたが、十市一族は従わず、大和郡山城主となった豊臣秀長に臣従した。


お城へのアクセス
鉄 道: 近鉄橿原線新ノ口駅〜徒歩約15分
 車 : 西名阪郡山IC〜国道24号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
畑の中に建てられた石碑だけがやけに立派に感じた。

奈良県のお城
一覧表へ
トップページへ 橿原市のHPへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県