信濃 登内城



お城のデータ
所在地 長野県伊那市手良沢岡字八ッ手
遺 構 曲輪、空堀
形 式 平山城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ
 
 登内城は、別名小松氏館城とも呼ばれ、瀬沢川右岸河岸段丘の北端部を利用して築かれている。

 県道側からみると河岸崖で結構な高さがあるが、南側は台地に面し堀(現在はない)を構えていたのであろう。 曲輪内は民家敷地となっていて、民家西側に夏草に覆われていたが空堀の遺構が残っていた。


歴     史

 登内城は、築城年代や築城者は定かではないが、小松氏が居住していたと伝えられている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR飯田線伊那市駅〜バス/八ッ手北部
 車 : 中央道伊那IC〜県道87号線〜国道153号線〜県道207号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
河岸崖を利用して築かれた中世豪族居館。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県