日向 都於郡城



お城のデータ
所在地 宮崎県西都市都於郡町
遺 構 曲輪、空堀、土塁
形 式 山城 築城者: 伊東祐持 築城年代: 建武4年


見 ど こ ろ

 都於郡城は、標高100mの台地に築かれた城だ。 台地の周りは急峻な断崖に囲まれ、 西と北方は三財川が外堀の役目を果たしている。 川を隔てた北西部に城下町だあったようだ。

 都於郡城(本城)の縄張りは、本丸・二の丸・ 三の丸・西の城・奥の城と5つの曲輪で構成されていて、そのそれぞれの曲輪は深い空堀によって仕切られている。 

 本丸は、2つの曲輪から構成されていて、周囲には土塁が廻らされていた。 また、本丸への虎口は厳重な防備が施された縄張りとなっている。

 二の丸東側に残る土塁は、高さも長さも見事なもので、現存する土塁だ。

 本城の他にも台地上には東の城、 向の城、南の城、日隠城などの出城が築かれ、台地全体が要塞化された城だ。 この様な縄張りの城は全国でも珍しい。

  


歴     史

 都於郡城は、建武4年に伊東祐持によって築かれた。 伊東氏は、源頼朝の寵臣工藤祐経が日向国の地頭職を受領し、代々伊豆伊東を本貫地として、日向には代官を派遣した。

 伊東祐持は、足利尊氏に従い戦功があり、日向国都於郡を与えられ、日向に下向して都於郡城を築いた。

 以後、都於郡城は伊東氏の本城として拡張整備され、また伊東氏48城の支城網が整備された。

 伊東氏は、義祐の代に最盛期を迎え、日向の大半をその版図としたが、天正5年に薩摩の島津義久に敗れ、豊後の大友宗麟を頼って日向を去った。

 伊東氏出奔後、都於郡城は島津氏の所領となり、鎌田政親が城主となったが、天正15年、豊臣秀吉の九州征伐後は、佐土原城主島津氏の所領となり、元和元年の一国一城令により廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR日豊本線日向新富駅、宮崎駅〜バス/坂の上(バス路線詳細 宮崎交通のHP
 車 : 東九州道西郡IC〜県道18号線
駐車場: 都於郡城の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
台地全体が本城と出城によって要塞化された伊東氏の居城。

宮崎県のお城
一覧表へ
トップページへ 西郡市のHPへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県