因幡 富吉城



お城のデータ
所在地 鳥取県鳥取市気高町宝木
遺 構 曲輪(削平地)
形 式 平山城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 富吉城は、宝木小学校の南側にある小山を中心に築かれた城だ。 山の北麓にある母木神社境内も城の一曲輪であろう。

 山頂部に3ヶ所の削平地があり、北麓のみややなだらかな傾斜となっていて、残る三方は断崖となっている。 山頂部へ神社境内から遮二無二夏草をかき分けて登るしか無かった。 


歴     史

 富吉城の築城者・築城年代は定かではない。 大永年間に山名誠道が因幡守護に就任したとき、山名四天王と称された田公(日下部)時高が守護代として富吉城に入城し、以後田公氏が代々の居城となった。

 天正8年、田公高家は、初めは主家山名氏と共に毛利氏に従っていたが、織田方に転じたため、吉川元春によって攻められ落城した。 尚、後に田公高家は鉄砲の名手であったことから毛利元就に仕えた。  


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陰本線宝木駅〜徒歩約10分
 車 : 中国道作用IC〜国道373号線〜国道53号線/鳥取〜国道9号線
駐車場: なし。(母木神社鳥居脇に駐車スペースあり。)


ひとくち MEMO
山名四天王と称された田公(日下部)時高の居城。

鳥取県のお城
一覧表へ
トップページへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県