伯耆 富長城



お城のデータ
所在地 鳥取県西伯郡大山町富長
遺 構 曲輪、土塁、堀
形 式 平城 築城者: 荒松氏 築城年代: 元弘年間


見 ど こ ろ

 名和駅から西に1.5km程の所にある富長集落の西はずれに富長神社がある。 ここが、鎌倉時代の土豪の居館が現代までほぼ原形に近い縄張りが残っている貴重な遺構、富長城だ。

 富長神社山門前には、谷川を利用した深い堀がある。 また、神社南側の道が堀跡だ。 神社境内は、周囲を高さ3m程の土塁が廻らせれ、西北角に一段高くなった物見台が残っている。 現在の社殿あたりが城主の主殿があったらしい。


歴     史

 富長城は、元弘年間に名和氏に協力した荒松氏によって築かれ、戦国時代には西伯耆の豪族福頼左右衛門尉が在城したとも云われている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陰本線名和駅〜バス/農協前
 車 : 米子道米子IC〜国道9号線
駐車場: なし。(富長神社西側の裏手より神社境内に駐車可能)


ひとくち MEMO
神社境内をぐるりと土塁がめぐらされているお城。

鳥取県のお城
一覧表へ
トップページへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県