播磨 鴇ヶ堂城



お城のデータ
所在地 兵庫県赤穂市有年横尾
遺 構 曲輪、石垣、土塁、空堀
形 式 山城 築城者: 太田弾正 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 有年駅から南側を見ると円錐形の山の山頂部付近に展望台が見える。 この展望台があるところが鴇ヶ堂城だ。

 鴇ヶ堂城は、現在『赤穂ふれあいの森』となっていて、主郭部に物見櫓風の展望台が建てられているので、山腹にある験行寺から主郭まで遊歩道が設けられている。

 鴇ヶ堂城は、鍵型になった尾根筋を削平して曲輪を設けた縄張りで、土塁・石垣・堀切が設けられていたとか。 主郭以外の曲輪は、全てブッシュに覆われ、遺構の確認は見ることは極めて難しいが、標柱付近の空堀、堀切、土橋の遺構確認は比較的易しい。  


歴     史

 鴇ヶ堂城は、築城年代は定かでないが太田弾正の居城でったと云われてる。 太田氏は赤松氏の一族で赤松則景が太田氏を称したことに始まる。 しかし、資料によれば太田弾正は小田氏とも表記されている。

 また、元亀2年に赤松秀光の三男小河丹後秀春が鴇ヶ堂城を攻めたが、東有年の三宅与左衛門の援軍により小河秀春は敗死したと伝えられている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陽本線有年駅〜徒歩約20分
 車 : 山陽道龍野西IC〜国道2号線/有年駅前
駐車場: 験行寺の参拝者用無駐車場を利用。


ひとくち MEMO
千種川を見下ろす円錐形の山には、鍵状に曲輪が並んだお城があった。

兵庫県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県