出雲 十神山城



お城のデータ
所在地 島根県安来市安来町十神
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 山城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 JR安来駅の北正面が、中海に面した安来港。 この安来港を見下ろす円錐形の山が十神山だ。 この山の山頂部に十神山城は築かれている。

 現在の十神山は、公園化され麓の3ヶ所から遊歩道が頂上まで整備されていて、向陽寺脇の駐車場から中十神の展望台経由で登るのが比較的楽なコースだ。

 山頂部には3段の主郭と腰曲輪の遺構が残っていた。 山頂から見る中海に光景を期待して登ったが、城跡からの眺望はあまり良くなかった。 眺望はやはり展望台からゆっくり眺めること。


歴     史

 十神山城の築城年代は定かではないが、室町時代に松田備前守が在城し、応仁の乱には尼子清定に攻められ落城した。

 尼子氏の支配下では、月山富田城の支城「尼子十砦」に数えられ、中海の制海権を握る重要な城となり、松尾遠江守が守った。

 永禄9年、毛利元就による尼子攻めに際して、毛利の武将児島就忠によって攻められ落城。 月山富田城への海上輸送による兵糧搬入の路を断ったことになり、十神山城の落城は尼子氏滅亡を早めた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陰本線安来駅〜徒歩約10分(登城口)
 車 : 山陰道安来IC〜県道9号線〜国道9号線
駐車場: 十神山公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
中海に着き出した円錐形の山に築かれたお城。
  • 十神山城の登城口
    JR安来駅の国道を横切って約50m程で安来港。 左正面に十神山が見えている。 港から左手に約300m程進むと左手に小さな神社と十神山公園の駐車場がある。 この駐車場奥が登城口。 山頂まで約20分。

島根県のお城
一覧表へ
トップページへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県