遠江 鳥羽山城



お城のデータ
所在地 静岡県浜松市天竜区二俣町二俣
遺 構 石垣、土塁、堀切、曲輪
形 式 山城 築城者: 徳川家康 築城年代: 天正3年


見 ど こ ろ

 二俣城が本丸から見ると街道を挟んですぐ目の前に見える。 この城は陣城的な城と思っていたが、その規模から見ても陣城どころか本格的な城郭だ。

 現在は、鳥羽山公園として整備されているが、昔の名残を結構留めている。 本丸は、ほぼ四辺形で周囲に土塁が残っている。 本丸への虎口が2ヶ所あり大手筋の虎口には石垣が残っている。 その石塁上にかつては櫓が建てられていただろうと容易に想像できる。


歴     史

 信玄亡き後、徳川家康は天正3年に依田信蕃が守る二俣城を攻め開城させている。 この二俣城攻めの時に築城された。

 その後いつ廃城になったのかは定かではない。 推定すれば、二俣城と同時期の天正18年、家康の関東移封のときか? 


お城へのアクセス
鉄 道: 天龍浜名湖鉄道二俣本町〜徒歩約15分
遠州鉄道西鹿島駅〜バス or タクシー(浜松方面からだとこれが便利)
 車 : 東名浜松IC〜県道45号線〜国道152号線
駐車場: 鳥羽山公園の無料駐車場(20台程度)を利用。


ひとくち MEMO
二股城攻略のために築かれた陣城。

静岡県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県