信濃 千沢城



お城のデータ
所在地 長野県茅野市宮川字安国寺
遺 構 曲輪、土塁、堀切、竪堀
形 式 山城 築城者: 諏訪氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ
 
 千沢城は、樋沢城とも呼ばれ、諏訪大社上社前宮の東側に突きだした丘陵先端部を利用して築かれている。 城跡からは八ヶ岳から諏訪湖まで一望することができ、更に高遠への杖突峠への街道を押さえる要衝の地にある。

 千沢城は、半島状の丘陵山頂部に主郭を置き、北の丘陵先端部に向けて二の曲輪・三の曲輪・四の曲輪を配し、更に各曲輪の周囲には幾段もの帯曲輪が設けられた縄張りとなっている。

 主郭と二の曲輪、二の曲輪と三の曲輪の間には箱堀状になった堀切が設けられている。 城の南側背後には樋沢配水池の設備があるが、この背後に丘陵には堀切を隔てて長林砦があり、千沢城の背後を固めていた。


歴     史

 千沢城は、築城年代は定かでないが諏訪氏によって築かれた。 諏訪氏は、康正2年に祭政分離し惣領家信満が宮川以東を領して上原城桑原城に拠り、宮川以西を大祝家頼満が領して上社の神事を司った。

 文明15年、大祝継満は祭政両権を手中にするべく惣領政満を謀殺した。 しかし、矢島・千野・有賀氏などの諸氏がこれに反発したため、継満は千沢城へ立て籠もったが諸氏に攻められ落城し、継満は高遠氏を頼って高遠へと落ち延びた。

 その後、大祝職は政満の子頼満が継承し祭政一致となった諏訪惣領家は、頼満−頼隆−頼重と戦国大名へと発展していく。


お城へのアクセス
鉄 道: JR中央本線茅野駅〜バス/前宮前
 車 : 中央道諏訪IC〜国道20号線〜県道16号線
駐車場: 諏訪大社上社前宮の参拝者用無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
諏訪大社上社大祝家の詰めの城となったお城。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県