筑後 津留城



お城のデータ
所在地 福岡県柳川市大和町六合字西津留
遺 構
形 式 平城 築城者: 田尻親種 築城年代: 永禄3年


見 ど こ ろ

 津留城は、西津留地区の市街地一帯が城域で、現在の西津留公民館南側の民家敷地の一角に石碑と案内板が立てられていた。

 案内板の縄張り図を参考に地区内を散策すると、現在は用水路となっている堀が、方形に城跡を今も囲繞しているのがよく分かる。 公民館東側の用水路も堀の名残であった。


歴     史

 津留城は、永禄3年に田尻親種によって築かれた。 親種は、天文17年に本城鷹尾城を築き、その支城として江浦城浜田城堀切城と共に築かれ、天正の頃は親種の一族田尻鎮直と家臣津留因幡守が守将であった。 天正12年に大友方の立花道雪・高橋紹運によって鷹尾城が落城した後、津留城も廃城となった。(現地案内板より)


お城へのアクセス
鉄 道: 西鉄天神大牟田線西鉄塩塚駅〜徒歩約10分
 車 : 九州道八女IC〜国道442号線〜県道83号線
駐車場: なし。(西津留公民館敷地内に駐車可。)


ひとくち MEMO
西津留地区の中心部を方形に囲繞する堀が今も残っているお城。

福岡県お城
一覧表へ
トップページへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県