大隅 建昌城



お城のデータ
所在地 鹿児島県姶良市西餅田字建昌
遺 構 曲輪、腰曲輪、土塁、空堀
形 式 山城 築城者: 島津季久 築城年代: 享徳3年


見 ど こ ろ

 建昌城は、九州道桜島SA北側の丘陵山頂部に築かれた城だ。 丘陵の東山麓にある雲門寺池の横から登城口があると資料にはあったが、池の周囲を探し回ったが登城口を見つけることができず残念ながら撤退。 

 資料によれば、山頂部を二分する早馬馬場と称されている空堀があり、雑木林に覆われているが幾つかの曲輪もあるとのこと。 


歴     史

 建昌城は、享徳3年に島津季久・忠廉父子によって築かれた。 文明18年、島津忠昌の要請により豊州島津家忠廉は日向飫肥に移った。

 慶長5年、島津家久は本城建設候補地として建昌城を強く望み、慶長7年の鹿児島城完成し居城を移してからも、元和元年に幕府へ築城許可を求めたが却下された。  


お城へのアクセス
鉄 道: JR日豊本線帖佐駅〜バス/青葉台団地中央〜徒歩約10分
 車 : 九州道姶良IC〜町道(九州道側道)
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
島津家久が鹿児島城に替わる本城としたかったお城。

鹿児島県のお城
一覧表へ
トップページへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県