丹後 建部山城



お城のデータ
所在地 京都府舞鶴市喜多
遺 構 なし。
形 式 山城 築城者: 不明 築城年代: 南北朝時代


見 ど こ ろ

 建部山城は、西舞鶴湾の西側丹後一の秀峰と云われている建部山の山頂部に築かれている。 丹後守護職の居城も明治になって舞鶴軍港を守るために要塞砲台が築かれてたため、城の遺構は現在何も残っていない。


歴     史

 建部山城は、築城者は定かでないが南北朝時代に築かれた。 明徳3年、足利一族一色満範は、明徳の乱で山名氏清を討った功により丹後守護職に任じられ、建部山城に入城した。

 一色氏は、代々丹後守護を継承したが、戦国時代になるとその勢力は衰退し、天正7年に織田信長の命を受けた明智光秀・細川藤孝が丹後に侵攻し、一色義道は居城を中山城へと移すが、細川忠興によって謀殺された。 叔父の一色義清が家督を継承して細川氏と戦ったが、天正10年に戦死して一色氏は滅亡した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR舞鶴線西舞鶴駅〜バス/大和工芸前
 車 : 舞鶴若狭道舞鶴I西C〜国道176号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
陸軍の要塞砲台となってしまった丹後守護の居城。

京都府のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県