上野 館林城



お城のデータ
所在地 群馬県館林市城町
遺 構 復元門、土塁、堀、井戸
形 式 平城 築城者: 赤井照康 築城年代: 弘治2年


見 ど こ ろ

 館林城は、城沼に突き出た半島を利用して築かれ、秀吉の小田原征伐の際、石田三成が攻めあぐね落とすことができなった要害の城だ。 しかし、現在では、城に面した城沼も埋め立てられ、かつての面影もない。

 館林城の縄張りは、本丸・二の丸・三の丸と梯郭式に曲輪が配置され、主郭を北側に総曲輪・加法師曲輪を設け、本丸に三層の天守(御三階櫓)を設けていた。 現在の市役所があるところが二の丸のあった場所に当たる。

 城の遺構は、三の丸土橋門と内枡形が復元されているが、これ以外に市役所東広場に本丸土塁が残存している。


歴     史

 館林城は、弘治2年に赤井照康によって築かれた。 永禄5年、上杉謙信は赤井照景の籠もる館林城を攻め、照景をへと追い、館林城を長尾景長に与えた。

 天正12年、館林城は北条氏の支配下となり北条氏規が城主となり、南条因幡守が城代として在城した。

 天正18年、北条氏滅亡後関東に入国した徳川家康は、榊原康政を10万石で館林に封じた。 榊原−天領−大給松平氏と城主が変わり、寛文元年に徳川綱吉が25万石の城主となった。 延宝4年、綱吉は5代将軍となり、天和3年に嫡子徳松の死後館林城を廃城となり、館林領は天領となった。

 宝永4年、6代将軍家宣の実弟越智松平清武が4万石を領して館林城を再建した。 その後、越智松平(越智)−太田−松平(越智)−井上氏と城主が変わり、弘化2年に井上正春は遠江浜松へ移り、出羽山形より秋元志朝が6万石で入封し、礼朝の時に明治を迎えた。


お城へのアクセス
鉄 道: 東武鉄道伊勢崎線館林駅〜バス/市役所前
 車 : 東北道館林IC〜国道354号線
駐車場: 市役所前の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
5代将軍徳川綱吉が将軍就任前に居城していたお城。

群馬県のお城
一覧表へ
トップページへ 館林市のHPへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県