大隅 垂水城



お城のデータ
所在地 鹿児島県垂水市市木字元垂水
遺 構 なし。
形 式 山城 築城者: 藤原舜清 築城年代: 平安時代末期


見 ど こ ろ

 垂水城は、垂水でもっとも古い城だ。 垂水の市街地から桜島方面へと国道220号線を1kmほど進むと国道右手に垂水城の碑が建てられている。

 城はこの碑の背後の丘陵に築かれていたが、現在では雑木林と畑地になっていて遺構を残っていない。


歴     史

 垂水城は、平安時代末期の保安元年に藤原舜清が築城した。 舜清は、在城4年で蒲生城を築いて移った。

 慶長4年、島津以久が入城したが慶長8年に日向佐土原へ移封となり、垂水へは孫の島津久信が入城した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR日豊本線国分駅〜バス/北迫橋
 車 : 東九州道国分IC〜国道220号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
今は何も残っていないが垂水で一番古いお城。

鹿児島県のお城
一覧表へ
トップページへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県